アンフィニクレジットのクレジットカード現金化の注意点をまとめました

現金化に於ける注意点

クレジットカード現金化は、はっきり言ってカード会社の規約に違反している。
すごくヤバイことのように感じるが、実際はグレーゾーンであり野放しになっているのが実態だ。
多くのクレジットカード現金化業者がホームページを堂々と公開しているのを見れば容易に想像が出来ることだろう。

 

まず、クレジットカード会社がショッピング枠の現金化を禁止する表向きの理由は、

 

  • 業者に提供したカード番号や個人情報等が悪用されてしまうことがある
  • 現金化業者は実質的な高金利貸しと変わらずトラブルに巻き込まれる恐れがある

 

という綺麗ごとを言っているだけに過ぎない。
真実は、クレジットカード会社の儲けとなる金利が獲得できなくなるリスクを嫌っているだけだろう。
もう1つは、キャッシングさえ出来ない状況なので、弁済されない恐れがあるのを警戒しているのだと思う。

 

原則として規約違反になるが、ぶっちゃけバレなければ何も問題は無い。
私の経験則から、何をやったらカード会社に規約違反がバレてしまうかを紹介しようと思う。
これさえやらなければ、クレジットカード現金化を何回行っても絶対に気付かれない。

 

クレジットカード現金化における注意点でチェックすること

 

クレジットカード現金化の理想を言えば、5万で買ったものを5万で売却出来るのが良いだろう。
これなら換金率が100%になるので非常に魅力的だ。
だが、現実に中古商品を買い値で売れることはまず無いと言える。
そんな中で、実は買取額とほぼ同じ金額で買い取ってもらえる商品があるのだ。
それが商品券やギフト券、新幹線の回数券などが該当する。

 

これらの商品は金券ショップへ持って行けばほぼ同額で買い取ってもらえるので換金率が極めて高くなるだろう。
しかし、これはカード会社も承知済みのことなので、クレジットカードで金券等を購入した人は警戒されるのだ。
1度や2度なら利用停止にならないが、頻繁に購入していると不自然な買い物として調査が入ってしまうかもしれない。
最悪、カードの利用が出来なくなりブラックリストに追加される恐れがある。

 

クレジットカード現金化を行う際には、買って良いものと悪いものがあるのを忘れないようにしよう。

 

とは言っても、何が買っても大丈夫で何がダメなのかは分からないのが正直な感想だ。

 

だからこそ、アンフィニクレジットのようなクレジットカード現金化業者を利用するのが確実だろう。
こう言った業者はカード会社の監視を逃れるために様々な情報収集を行っている。

 

当然、カード会社に規約違反を見つかるのを嫌がるので、確実に買っても大丈夫な商品しか購入を促して来ない。
自分の判断で現金化を行わず、専門の業者を利用するのが現金を得る1番の近道だと覚えておこう。