アンフィニクレジット・クレジットカード現金化と消費者金融を解説します

消費者金融との違い

クレジットカード現金化と近い位置に存在しているのが消費者金融だ。
お金に困った人であれば一度は消費者金融という単語が考えを過ぎったはず。
どちらも現金を手に入れられる方法だが、その手法はかなり違っている。

 

そこで、簡単にクレジットカード現金化と消費者金融の違いをまとめたいと思う。
メリットについてもまとめるので、どのような違いあるかをしっかりと認識しておいてほしい。

 

現金化と消費者金融の違い

 

3枚のクレジットカード

最初はクレジットカード現金化から説明しようと思う。
まず、クレジットカード現金化は古物商という業務形態になる。
なぜなら、利用者が購入した商品を中古品として80%ぐらいの価格で買い取りを行うからだ。
お金を貸している訳ではないので金融業には該当しない。

 

一方の消費者金融はお金を貸すことを仕事にする金融業になる。
お金を貸すには利息上限法という法律があるので、それに則った利息しか回収できない。
この利息上限法を超える利息を発生させるのはすべて闇金になると覚えておこう。

 

他にもいろいろな違いがあるのだが、簡単に言うとクレジットカード現金化は古物商、消費者金融は金融業だと考えれば良い。

 

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化も消費者金融も、お金を借りるという目的は変わらない。
しかし、両者には大きな違いがいくつもあるので、代表的なメリットをいくつか挙げてみたいと思う。

 

クレジットカード現金化のメリットには、まず審査というものが存在しない。
本人のクレジットカードであれば身分証を提示するだけで現金化のサービスを受けられる。

 

これが消費者金融になると、仕事をしているのか、収入がどれぐらいあるのか、過去に未払いがあったかを厳重にチェックされるだろう。
いろいろな書類を提出して何日も審査が行われた結果、貸してもらえないというケースも良くある。

 

その点、クレジットカード現金化は審査が無いから話がややこしく無くて良いだろう。
無職の主婦であっても、フリーターでも、それこそホームレスであってもクレジットカードさえあれば現金化は可能だ。
※もちろんクレジットカード現金化業者にも悪質な業者は存在するので、利用の前に口コミ・評判をネットでチェックすることは必要である。

 

それから、返済方法の選択肢が多いのもクレジットカード現金化のメリットだろう。
消費者金融の場合は決まった日付に、指定された金額を返済しなければいけない。
だが、クレジットカード現金化の場合はカード会社に対する支払い方法を選べる。
分割払いは当然として、役立つのがリボルビング払いだ。
リボルビング払いを行えば、返済に掛かる時間を非常に長く延ばすことができる。

 

クレジットカード現金化にはこうしたメリットがあり、消費者金融とは違ったものだ。
良く分からないと感じるかもしれないが、これを理解しておくだけでかなり賢くなれるだろう。