主婦でも自分名義のクレジットカードを所有していれば、現金化するのに問題はありません。

主婦でも利用は可能か

主婦でも現金化は可能?

 

クレジットカード現金化やショッピング枠現金化を使おうとする人が多く、その後に家族とトラブルに発展するケースも見られるのが主婦だ。

 

主婦であってもクレジットカードを持っていれば利用可能である。
借金とは違い、専業主婦のように本人の収入がなくても利用できるのがクレジットカード現金化のメリットである。
独身時代に作った自分名義のカードを持っている人は、何も気にすることはない。

 

注意しないといけないのは家族カードである。

 

家族カードは、主契約者の了承を取らずに限度額の範囲内で自由に決済できる。
しかし、家族カードは請求や明細が主契約者とセットになるので、何に使ったのか言い訳ができないと、問い詰められて現金化がバレたり、無駄な浪費を理由に家族間でトラブルになる。

 

旦那が金持ちで、家族カードの高額決済しても何も言われないのであれば問題ないが、そんなセレブはごく一部だ。

世帯収入が少なくて家族カードしか持っていないのであれば、利用は慎重に検討した方がいい。

 

明細にはどうやって印字される?

 

家族カードしか持っていないような人は、カードの利用明細を見たことない人も多いだろう。
家族カードによる決済は明細に「家族1」と印字されるのが一般的だ。(家族カードを複数枚発行していれば家族2、家族3になる)
主契約者のカード決済は「本人」と印字される。
夫自身がカード決済をする機会が多く、細かい管理をしていなかったとしても、家族カードで使った項目は明細を見て分かってしまう。
普段は明細を見ないような人でも、請求額や引き落としされた金額が思っていたよりも多いと、明細をチェックすることがある。

 

そこで、家族カードから高額決済している履歴があると、これはなに?と問いただされる。
なお、明細の内容には現金化業者名や資金調達を連想させるものは一切ない。
現金化で決済した金額に対して、事前に言い訳を用意しておけば問題ない。

 

明細を常時チェックされている人は、事前に現金化業者に問い合わせをして、明細に印字される内容と言い訳のアドバイスを聞いておくといいだろう。
現金化は家族に内緒で使う人が多いので、業者に相談すると自然な言い訳の方法をいろいろとアドバイスしてくれる。

 

主婦でもカード発行できる?

 

主婦でも自分の単独名義のクレジットカードがあれば、現金化するのに問題はない。
家族カードを持っている場合は、明細を見られても言い訳できるような対策が必要である。

 

主婦は各種支払いを旦那名義のカードで済ませていることが多く、自分のカードを持っていないことが多い。
資金調達したいのであれば、新たなにカード発行する方法がある。
主婦でもパートで収入があれば、自分名義のカードを発行することが可能だ。
限度額は低めに設定されるが、カードの受け取りを自分で行い、Web明細の設定にすれば家族に内緒でカードを持つことも可能である。

 

専業主婦のように収入がなければ自分名義のカードは作れない。
この場合は旦那名義のクレジットカードで家族カードを発行するしかない。

 

「旅行保険も付くし友達から作っておいた方がいいと勧められた」などと相談するとよいだろう。家族カードは基本的に本人名義のカードから申込書の請求をして、郵送で申請手続きを行う。
うまくやれば、旦那に内緒で家族カードを作れるが、実際に使うと家族カードからの利用がバレるので、相談して了承を得た上で発行するべきだ。

 

家族カードは申込から届くまで2~3週間。
本人名義の場合も一般的には2~3週間かかるが、楽天カードは1週間前後。一部では即日カード発行可能なクレジットカードもある。