アンフィニクレジットのクレジットカード現金化は高換金率が魅力です。

アンフィニクレジットの換金率

 

安心安全をイメージしたクローバー

 

アンフィニクレジットの換金率は業界でも屈指の高換金率となっている。
とは言っても、換金率は利用金額によって%が変化するものだし、クレジットカードの種類によっても異なる。
ここではアンフィニクレジットの換金率が具体的にどうなっているのか、詳しく紹介したいと思う。

 

まずは個人カードプラン法人カードプランについて説明しよう。
おそらく、ほとんどの人が個人カードプランを利用するだろう。
個人カードとは個人名義で作ったクレジットカードのことで、普通にカードを作ったのなら間違いなくこれに該当する。
一方の法人カードは会社名義で作成したクレジットカードのことだ。
経営者や自営業の人が、会社名義で作ったカードなら法人プランの利用が可能になる。

 

個人カードプラン

個人カードプランの詳しい換金率を見てみよう。
基本的に申込金額によって換金率が変わる仕組みが採用されていて、一般的なクレジットカード現金化業者によくあるパターンだ。

 

・1万円~10万円 88%
・11万円~30万円 90%
・31万円~50万円 92%
・51万円~100万円 94%
・101万円以上 ASK(要相談)

 

アンフィニクレジットの詳しい換金率はこのようになっている。
ショッピング枠の上限にもよるが、大抵の人は1万から30万円の利用になるだろう。
そうなると、形式上の換金率は88%~90%となり、ここから手数料として約8%前後が差し引かれることになる。
繰り返しになるが、手数料が差し引かれた後に80%以上の換金率になっていれば優良店だ。
悪質なクレジットカード現金化業者に騙されないように、換金率をしっかりと認識しておこう。

 

法人カードプラン

経営者や自営業の人ならこっちのプランを利用することをおすすめする。
なぜなら、個人カードプランよりも換金率が高く設定されているからだ。
個人のクレジットカードよりも会社名義のクレジットカードの方が、ショッピング枠の上限が多くて信頼度も高いから換金率が上がる。

 

・1万円~10万円 90%
・11万円~30万円 92%
・31万円~50万円 94%
・51万円~100万円 96%
・101万円以上 ASK(要相談)

 

全体的に個人カードプランよりも2%も換金率が高くなっている。
たった2%だと思うかもしれないが、申込金額によっては数万円の誤差になるので侮ってはいけない。

 

 

詳しい換金率を理解したら、後は実際に申し込みをして問い合わせしてみると良いだろう。
使うクレジットカードの種類によっても換金率に差が出るだろうし、申込金額によっても状況は異なる。
ちなみに、ASKとは要相談の略だが、100万以上の利用をする人は皆無なのであまり関係ない。